© T-PADDOCK630 Business Design Works.

column

USA Business Support

・企業目的の展開

・業態に見合うチームの編成

・業態に見合うエリアの選別

・リソースの活用の限度確認

・チームの協力者の具体的選出

 ※弁護士、会計士等

・現地エリアのアテンドによる説明

・人事関連手続

・進出時における法的手続き

 ※関わる専門業者

・アメリカに進出する企業の目的

・進出する際の業態

・その規模

・それに伴うリソース

アメリカ進出へのビジネス支援の概要

 

はじめに・・・

 

まず、アメリカへの進出を考えられておられる企業の皆様に、

企業自らが進出の準備をされる場合に知っておいて頂きたいことがあります。

 

それは、

   ①起業するまでに日本以上に法的準備等の物事が進まない事が日常的であること。

   ②アメリカでの雇用関係の事情は日本とは違い、苦労が多々あること。

   ③常時、海外専属部署や専属担当者を配置しておかなければならないこと。

   ④「人・モノ・金」の面で、経営的に本体ビジネスに影響が少なからずあること。

   ⑤経営者自身が直接、孤軍奮闘され幅広い雑務にも取り組まれることも多いこと。

 

先ずは、このアメリカ事情をご理解のうえで、

ビジネスを進めるられることをお勧めします。

 

   アメリカでの海外ビジネスを行われることは中小企業様にとっても、社員様にとっても

   「夢」があり、またそれは「無限大の企業成長の可能性」を秘めることにもなります。

   そして、「将来のエネルギー」を培養することでもあると確信しております。

 

そこで『USA Business Support Plan』を、

特に中小企業様向けに提供したいと考えました。

 

   経営者、そして海外担当される方の起業準備のエネルギーは

   本来のビジネスの前線で注いで頂くべきと考えます。

 

   よって『USA Business Support Plan』は、

   起業に関わる人事関係、会計関係等の総務全般の準備のご支援をいたします。

 

   そして、事業の戦略立案、プロモーション、事業計画における費用の抽出等の

   ご支援もアメリカでのビジネス経験者によるサポート体制で準備しております。

 

また、アメリカ視察前に詳しく現実的な話をお聞きになりたい場合、

ご連絡をいただければご相談にお伺いいたします。

●「T‐PADDOCK USA」と「T‐PADDOCK630」における

        『USA Business Support Plan』の流れ

●上記流れは進出を検討されてから起業スタートまでの大まかな流れです。

 

*現実には細かいところが、また予期せぬことなどが、

  まだまだ出てきて当たり前とご承知おきください。

 

*その諸問題をご相談させていただきながら解決していかなくてはなりません。

 

*また、よく言われます「文化の違い」

  これは非常に心してかからなければ、

  問題が惹起した時のバックラッシュは甘くはありません。

 

そして、現地のお客様に喜んで頂くことを考えるあまり、現地に迎合気味になったり

  される企業がありますが逆に我々のビジネスの素晴らしさを伝えるためには

  毅然とした態度が重要にもなります。

Go to top

ビジネスのスタート

※開業後のオプション

T‐PADDOCK630

・ビジネスデザイン

・プロモーション

※開業後のオプション

T‐PADDOCK USA

・人事労務等の業務

・会計等の業務

日本にて現地事情の

質疑応答及び確認

クライアントの要望を

踏まえ現地へ確認及び

起業可否の検討

クライアントの要望や

顕在化した課題等の解決策を

現地企業と交渉

海 外 へ

USA進出企業

T‐PADDOCK630

T‐PADDOCK USA